2015年10月19日 古紙ジャーナル記事 1152号

【バイオ エタノール】
古紙由来のバイオエタノールが普及するか?
生産コストの改善が課題、輸入品が主流に

関西大学のバイオエタノール製造装置

 古紙の新たな用途として、注目されるバイオエタノール。CO2削減に貢献する代替燃料として期待されてきたが、原油価格の変動やエネルギー政策の方針によって企業や政府の支援体制も大きく変わり、研究開発の道のりも平坦ではなかった。バイオエタノールの実用化に向けた課題は三つ。①需要の創出(ガソリンの混合比引上げや義務付けなど)、②原料調達の効率化・安定化、③低コストの量産技術の確立である。古紙を原料としたバ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月25日 古紙需給 1321号
2019年3月25日 古紙需給 » 1321号
2019年3月25日 関連業界 » 1321号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top