2010年9月6日 古紙ジャーナル記事 900号

【三栄グループ】JPとの提携で国内6拠点の基盤強化
原料革命の旗手、アジア市場を視野に

信栄製紙・本社工場の入口

昨年12月、資本と業務の両面で日本紙パルプ商事と提携をした三栄グループ。三栄グループは静岡県を中心に、神奈川県、山梨県及び北海道に事業拠点を持ち、古紙もの家庭紙を製造販売している。 紙卸商社の最大手であるJPは、先々週の野口社長のインタビューで語っていたとおり、環境とアジアという2つのターゲットを見据えて事業展開を行っている。JPの傘下になる三栄グループにとっても同じことが言えるだろう。今回...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top