2006年6月26日 古紙ジャーナル記事 694号

【機密書類】
大手製紙(王子・江戸川)の本格利用で溶解処理量が拡大
リサイクル市場は月4万トン、溶解と細断が半々
カリフォルニア州、02年からリサイクルを義務化

03年サミットリバーサイドプラントで見たシュレッド古紙の山

白板紙を生産する王子製紙江戸川工場が今10月から機密書類の本格的利用に乗り出す(同工場は今秋から王子板紙に移管)。このため屋内閉鎖型の専用処理設備を5億円かけて導入する。機密書類の利用は家庭紙メーカーや中堅板紙メーカーが先行し、大手洋紙や板紙の利用は遅れていた。大手が本格的に機密書類の使用に乗り出すと、焼却されている機密書類のリサイクルが一段と促進されるだろう。 板紙は雑誌代替で、家庭紙は産...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top