2006年7月3日 古紙ジャーナル記事 695号

古紙ヤードの開設、今年も全国で19ヵ所
仕入競争の激化による仕入高で輸出増える

今年も7年連続で古紙ヤード(回収基地)の開設ラッシュとなっているが、本紙の調査によると七月時点での新ヤード(既設ならびに今後完成の予定)は20ヵ所に達した。設備投資の主役は今年も古紙問屋で、廃棄物業者の古紙ヤードは仙台マテリアルのみ。 過去6年間におよそ155ヵ所の新ヤードが誕生しており(ピークは04年の41ヵ所)、年平均すると25ヵ所の計算になる。新ヤードの開設は仕入れ競争を激化させており...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top