2007年7月16日 古紙ジャーナル記事 746号

今年の需給ギャップは430万トンか(輸出は420万トン)
回収量、過去7年間に14.7%(年平均2%強)の大幅増
排出先別では事業系が半分を占める

古紙を回収先別に区別すると、家庭系、事業系、産業系の3つに大別できる。昨年の古紙回収量がおよそ2,280万トン。このうち事業系が1,150万トンで半分を占めた。事業系、家庭系の回収が大きく伸びており、産業系は横ばいないし減少傾向にある。 また古紙再生促進センターの今年1ー4月の実績によると回収量は1.8%伸びているが消費量は横ばい。このため回収量から消費量を差し引いた年間の需給ギャップは44...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top