2009年2月2日 古紙ジャーナル記事 822号

【丸山喜之助商店】
近隣にRPFエネルギーセンターを完成
木製家具、畳、ベッドなどの粗大ごみもRPF原料に

丸山喜之助商店のRPFエネルギーセンター

合資会社・丸山喜之助商店(鹿児島県日置市伊集院町徳重365、丸山博幹代表)が鹿児島県姶良郡加治木町にRPFエネルギーセンターが完成したのにともない、現地で竣工披露が行われた。RPF(固形燃料)といえば廃プラ、紙ごみ、木屑が主たる原料だが、同センターはそれ以外の多様な原料を使用しているのが特徴。 一方、できあがったRPFの供給先は製紙用の大口需要(大型ボイラー)だけでなく、小型の専用ボイラーを...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top