2009年1月26日 古紙ジャーナル記事 821号

【中国の紙・板紙生産量】
8,000万トン超(前年比8~9%増)で米国抜き世界トップの可能性
成長率は鈍化するが、政府主導の支援策で早期回復も

世界的な景気後退の影響は、紙・板紙市場にも降りかかった。特に米国経済の大打撃は、貿易の主要相手国としていた中国にも波及し、板紙需要を収縮させた。昨年の中国の紙・板紙生産量は、下半期に伸び率が著しく鈍化したものの、前年比8―9%増の8,000トン超と推計。 世界最大の生産国であった米国を追い抜き、一躍トップになった可能性もある。また中国政府はさらなる内需拡大や輸出増加の支援策を進めており、今後...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top