2009年2月9日 古紙ジャーナル記事 823号

【インタビュー】
生産はそれなりに回復し、内需は堅調
どうなる、旧正月明け後の中国市場?

輸出市場の先行きは不透明であるが、今後の中国の動向次第といえる。昨年10月の暴落以降、国内製紙の大幅な減産からも年明けには問屋在庫がピークに達し、手探りの中で輸出が続いている。中国現地の状況や今後の見通しについて、中国系の貿易商社であるトーチインターナショナルの龍国志代表取締役社長に聞いた。 ㈱トーチインターナショナル 龍 国志 代表取締役社長 りゅう こくし (略歴)三井物産自動車部に...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top