2009年5月18日 古紙ジャーナル記事 836号

【丸清】古紙から鉄、廃プラへと展開し3拠点を運営
アジア各地に販売網を確立、商社機能が強みに
廃プラの中国向け輸出は回復基調

遠賀事業所(本社工場)。古紙だけでなく様々な資源物を扱う。

丸清株式会社(本社・福岡県北九州市)を訪問、多田野竹幸代表取締役に3工場を案内してもらった。創業から30周年を迎え、古紙から総合リサイクルへと展開してきた丸清は、鉄・非鉄と廃プラスチックの専用ヤードを開設。 様々な廃棄物を取り扱うだけでなく、輸出ライセンスを取得し、現地メーカーへの輸出網を確立してきた。商社的な役割も果たし、国際価格の動きに対応した仕入れや国内外の安定した販売ルートが強みとな...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top