2006年7月17日 古紙ジャーナル記事 697号

【大久保】
新潟市に10番目の新ヤードを開設
国内外の古紙需要の拡大を視野に
新潟市、日本海側で初の政令都市に

大久保の新潟事業所

㈱大久保(本社・東京都荒川区、大久保信隆社長)は去る7日、関係者約100名を招待して同社にとって10番目の新ヤードとなる新潟事業所(新潟市臨港町2-4914)を披露した。新ヤードは輸出基地としての立地を備えているうえに、08年末には北越製紙・新潟工場にオフマシンコーター(年産35万トン)が稼働する。未定ながらDIP(脱墨古紙パルプ)設備の増強が見込まれており、国内外の古紙需要の拡大を視野に入れた回...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top