2010年4月12日 古紙ジャーナル記事 881号

【雑誌価格】新聞と雑誌の価格差(1円)は初めての体験
新価格体系定着すると雑誌消費が後退!?
地域間格差の解消は中堅・中小に打撃

4月に入り、王子製紙や日本製紙グループが地域格差や内外格差を解消するため、主要3品の価格を全国一律の段ボール15円、新聞15円、雑誌14円(問屋店頭ベース、キロ当たり)に設定したことで、国内建値が大きく動いた。とくに北海道の雑誌は一気に6円も上げたことになる。振り返ってみると、新聞15円、雑誌14円という価格は、これまでの常識を破った価格設定といえよう。 というのも新聞と雑誌の価格差が1円に...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top