2010年8月23日 古紙ジャーナル記事 898号

【JP・野口新社長にインタビュー】内需頭打ちで紙卸商最大手も変革進む
環境・海外の紙関連分野で成長を模索

インタビューに答えるJP・野口社長 (平成22年8月5日、JP本社にて)

日本紙パルプ商事㈱(略称JP)社長に野口憲三氏が就任した。内需中心だった紙専門商社で、長く貿易業務を担当した人材が社長になるのは、長いJPの歴史でも初めてだろう。グローバル化の中で、紙専門商社も変わらざるをえない、変革の時代がやってきたことを物語る。 ①天津に進出した古紙ヤード、②中国でのヤード拡大戦略、③中国の内陸部やベトナムへの進出、④王子製紙の南通工場のコート紙販売、⑤三栄レギュレータ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top