2005年6月27日 古紙ジャーナル記事 645号

【豊田通商】
広州市に古紙・鉄屑のリサイクルセンター建設
運営は合弁会社で来1月稼働を予定
トヨタグループから発生する再生資源を回収

丸紅に続いて総合商社、豊田通商㈱(東京都中央区日本橋2-14-9、豊田通商ビル)が来年1月稼働で、中国の広州市に鉄屑、古紙などの再生資源物を扱うリサイクルセンターを作る。現地のトヨタグループ各社から発生する古紙、鉄屑などを回収し、選別・加工するのが狙い。 すでに合弁会社を設立しており、運営はこの合弁会社が行う。トヨタグループの工場(部品並びに完成車)は天津、四川省、吉林省にもあるので、豊田通...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top