2010年8月9日 古紙ジャーナル記事 897号

【中国の製紙原料輸入】今上半期、古紙・パルプとも前年割れ
一方チップは倍増し、原料調達に変化

中国の製紙原料輸入

中国の製紙原料は輸入に大きく依存してきたが、今年前半、紙・板紙の生産が二桁成長しているのにかかわらず、古紙やパルプの輸入が前年割れしてきた。古紙は国内回収が増え、パルプは国内生産が増えつつあるためとみられる。 これを裏付けるのがチップの大幅な輸入増。過去、日本の製紙産業はチップを海外から輸入(七割を輸入に依存)し、ほぼ海外のチップを独占的に購入してきた。しかし今後は、チップ輸入でも中国が日本...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top