2011年3月21日 古紙ジャーナル記事 927号

【東日本巨大地震】宮城県下の古紙ヤード(回収基地)の被害が甚大
日本製紙、生産の3割占める4工場停止

国内で発生した地震としては最大規模といわれる、東日本巨大地震による地震と津波が起こったのは3月11日午後。16日時点でまだ電話連絡が取れない古紙問屋も少なくないが、以下のように東北地区に古紙ヤード(ベーラーなど設置した回収基地)を構える関東などの問屋筋から話を聞いた。状況からみてもっとも深刻な被害を受けたのが宮城県のヤードのようだ。本紙発行の古紙ヤードマップ(※本紙3面に東北地方を抜粋して掲載)を...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top