2010年1月25日 古紙ジャーナル記事 870号

【古紙輸出価格、ドル価から分析】中国市場が巨大化して2度目の200ドル相場
前回は異常な終わり方ながら1年間も続く
春節(旧正月)を挟んでいったん下がるか

中国からキャンセルの嵐が吹き荒れ、古紙の輸出価格が大暴落したのが2008年10月。その記憶がまだ生々しい中で、主要3品(段ボール、新聞、雑誌)のドル価(海上運賃などを含んだCIF価格。仕向地の港、例えば上海港に着けた値段)が再びトン200ドル台に乗せてきた。中国の旧正月である春節(2月13日から)を挟んでいったん下がるのかどうか注目されているが、前回の高原相場(中国市場が巨大化して初めて)を振り返...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top