2011年3月14日 古紙ジャーナル記事 926号

【川崎市】全市域で雑がみ類(ミックスペーパー)収集を開始
資源化施設も稼動し年間2万2千トン見込む

川崎市がモデル実施していた雑がみ類(ミックスペーパー)収集が、3月1日より全市域で始まった。同時に選別・圧縮を行う市の資源化施設も稼動させ、処理工程を経たミックスペーパーは市内の三栄レギュレーター東京工場でトイレットペーパーに再生利用される。 川崎市はこの資源循環システムによって、年間2万2,000トンのミックスペーパーの収集を見込む。また容器包装プラスチックの回収等の施策と併せ、平成27年...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top