2011年10月17日 古紙ジャーナル記事 955号

【米国古紙】回収のピークは07年、消費のピークは99年
需給ギャップが年々拡大、世界最大の輸出国へ

先週号で米国の製紙の現状を報道したが、今回は古紙に関する様々なデータを踏まえて現状を分析したい。米国の古紙回収量のピークは日本と同じ2007年だが、米国の国内製紙メーカーが使用する古紙消費量のピークはなんと1999年。この点が日米における最大の違い。消費量が頭打ちながら回収量が増加し、米国の需給ギャップ(古紙回収量ー古紙消費量)は増加の一途を辿り、輸出比率は40%を超えてきた。品種別の古紙消費にお...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top