【連載】国内段原紙・古紙市況は持続可能か①
国際相場を後目に独自市況貫く、利益率は道半ば

過去の段ボール古紙と段ボール原紙の値上げのタイミング

 段ボール製品(段原紙、シート、ボックス)市況が正念場を迎えている。2年連続の値上げを実現したものの、今年に入り、①古紙国際相場の軟化、②製品在庫水準の高止まり、③国内外での需要停滞、④生産能力の増強ラッシュに直面しており、値下げ圧力が次第に高まっている。海外市況と比べ、日本は価格水準や値上げタイミングを異にする独自の価格体系をとってきた。いわば閉鎖的な市場ともいえる段ボール製品分野に、はたして持...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top