2019年10月14日 古紙ジャーナル記事 » 1348号

【段原紙生産能力】
王子・名寄工場を閉鎖、純増(業界全体)で計53万㌧か

各社の段ボール原紙の増産・廃棄計画(一部クラフトも含む)

 王子HDが北海道の名寄工場を閉鎖する。マシンは2台あるが、2号マシンを苫小牧工場に移設し、3号マシンを停機する。停止時期はそれぞれ2021年9月、2021年12月。2号マシンの再稼働は2022年4月を予定している。  苫小牧工場では、新聞用紙マシンであるN5マシンを段原紙に転抄すると今年5月に発表していた。年産30万トンに上るマシンを2021年に稼働させる。ここへ名寄工場の設備を一部移転し、段...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top