2013年3月11日 古紙ジャーナル記事 1024号

【群馬総合紙業】 群馬で最多の4ヤード目をオープン/【総合リサイクルセンター黒田】 8千坪の巨大ヤード、自社回収も注力

サイクルセンター黒田の8千坪もの巨大な新ヤードサイクルセンター黒田の8千坪もの巨大な新ヤード

昨年、オープンした2カ所の新ヤードを訪問した。1カ所は昨年秋に開設した群馬総合紙業(南雲剛代表取締役)の群馬県館林市のヤード。グループ含めて4番目と、群馬では最も多くのヤードを抱える問屋となった。もう1カ所は山梨県富士吉田市にある総合リサイクルセンター黒田(黒田光秀代表取締役社長)の8千坪もの巨大な新ヤード。本社工場が手狭だったこともあり、鉄工場だった建物をあらゆる再生資源を扱うヤードとして昨年7...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top