コラム【虎視】1227号

コラム「虎視」

2017年4月24日 1227号


▼MIXの輸出価格は、わずか一ヵ月間で百ドルほど暴落した。三月下旬から暴落したが、時期的に問屋にとって最悪のタイミング。三月上旬から中旬にかけて、全国の自治体で入札が行われた後だった。三月上旬までは二六〇ドル前後の高値圏 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中国 栄成紙業】
今年七月に湖北工場(四番目の工場)が稼働開始
QRコードによる古紙品質管理が浸透

2017年4月24日 1227号


 中国視察シリーズ第二弾は、こちらも大増設を控える栄成紙業を訪問した。同社の二〇一五年の生産量は百六十一万トンで、中国第十一位。段ボール原紙の生産では第五位。今年七月から新たに湖北工場が稼働を開始する。第一期工事として年 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙ジャーナル海外ニュース

【古紙市況】
OCCは200ドルが底値に
国内、後追いで建値改訂は?!

2017年4月17日 1226号


 四月に入っても輸出価格の下落基調は続いたが、実際の成約ベースではOCCが二〇〇ドル、MIXは一七五ー一八〇ドルが実勢相場の底値とみられる。これを下回るオファーがあっても成約に至らず、狼狽売りのケースは限られたようだ。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙国内価格 古紙輸出価格

コラム【虎視】1226号

コラム「虎視」

2017年4月17日 1226号


▼紙の定義とは、「植物繊維を取り出し、水に分散させて水をこし、薄く平らに絡み合わせたもの」。紙が出現するまでは、中国では甲骨や木簡、メソポタミアでは粘土板、エジプトでは植物のパピルスの茎を切って作ったものを記録用として使 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【太陽紙業(サンペーパー)】
昨年から段原紙生産に着手、更に増強
六月には輸入ライセンス取得の見通し

2017年4月17日 1226号


 三月十九日から二十四日まで、国際紙パルプ商事㈱のアテンドにより、中部商組の海外視察に同行した。視察先は中国の大手製紙メーカーである太陽紙業(サンペーパー)と、台湾系の製紙メーカーである栄成紙業(ロンチェンペーパー)の浙 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー 古紙ジャーナル海外ニュース

コラム【虎視】1225号

コラム「虎視」

2017年4月10日 1225号


▼新年度に入り、段原紙市況の仕切り直しが注目されていた。王子とレンゴーの膠着状態が続く中、口火を切ったのがNTI(日本東海インダストリアルペーパーサプライ)だった。値上げ幅は二〇%以上で、時期は五月末から。値上げ要因の一 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【日本マテリオ】
今年二月から韓国で古着選別工場を稼働
鉄・非鉄、不用品輸出で生き残りを図る

2017年4月10日 1225号


 韓国向け古紙輸出を手掛ける日本マテリオ㈱(東京都千代田区九段南二丁目四番四号三和九段ビル二階、電話〇三―六二六一―四二三二、孫禜振共同取締役)を訪問し、様々なお話を伺った。日本マテリオは韓国系古紙輸出商社として二〇一〇 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

【米国西海岸の古紙市場③】
理文造紙の米国調達商社トップにインタビュー
性急な上昇は短期間で下がると市況予想

2017年4月3日 1224号


 二月に米国を訪問した際、中国の板紙大手である理文造紙の古紙調達商社、ラリソンインターナショナルのCEOバイロン・ルオ氏にインタビューを試みた。同社は、米国から主に中国の理文造紙の工場向けに年間約百四十四万トン(本紙推計 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

3 / 13312345...102030...最後 »

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top