2018年12月17日 オピニオン » 1308号

コラム「虎視」

コラム「虎視」

 アジアのシリコンバレーと呼ばれる中国・深センを訪れた。ドローン技術、VRなど新技術が次々生まれる所以からだが、このハイテク都市でRISI主催の「国際古紙・段ボール会議」というアナログな会合をやること自体がおかしかった。今回は26カ国、122社から183名が集い、各地の古紙事情を聞けたことは興味深かった。

 ▼香港経由で深センに入ったのだが、リムジンバスと聞いて乗ったのはメルセデス社製の8人乗りワンボックスカー。文字通り、高速道路をかっ飛ばし、約1時間半で到着。香港国際空港からの運賃は200香港ドル(約2,900円)。魅せられたのは、その効率的な運行手法だ。乗り換えポイントが2か所あり、迷子にならないよう左胸にシールが貼られる。運行会社名と行き先が記されているのだ。

 ▼乗り換えの1つは中国本土の入国審査。車から降りてパスポートを提示しなければならない。そこで再び乗り合ったのは別の車両。深センに入ってからはまた車を乗り換えて、各自の目的地に送られる。ロジスティックの合理性たるや、1人の人間ですら1個の貨物になった気分であった。世界各地から集う国際会議なども、やがてVRで遠隔開催されるのではと、ふと頭をよぎった。

新着記事

記事一覧 »
2019年1月14日 インタビュー » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 1311号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top