2018年9月3日 古紙問屋 » 1293号

【はまだ】
尾崎製紙(ルーフィング原紙生産)を買収
玉井商店の商権も引継ぐ

尾崎製紙の工場入口

 ㈱はまだ(本社・和歌山県紀の川市、濱田義仁代表取締役)は8月1日、大阪府阪南市の尾崎製紙㈱を買収した。敷地面積は2,100坪で、工場建屋やパルパー、抄紙機等、全ての設備が含まれる。  尾崎製紙は昭和33年に創業。ルーフィング原紙と呼ばれる建材用原紙を年間2,400トン、特殊紙を同じく年間2,400トン生産していた。原料は新聞・雑誌・地券等の古紙を年間7,200トン、パルプを年間600トン使用し...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月25日 古紙需給 1321号
2019年3月25日 古紙需給 » 1321号
2019年3月25日 関連業界 » 1321号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top