2017年6月26日 古紙価格 »  1235号

【問屋の反発必至も】
未曽有の輸出市況高騰で
国内、建値改定に動くか?

米OCCが300ドル  建値を上げるには、もっとも相応しい時期だろう。7月に国内製紙メーカーによる建値改定が行われるのか注目される。理由のひとつは、未曽有の輸出価格の高騰である。国際指標である米国のOCC(段ボール)輸出価格(トンあたり)は、6月半ばに300ドルのオファーが現れ、今年3月の最高値を上回った。日本のOCCもツレ高となり、275ドルまで上昇し、3月の270ドルを超えてきた。円価ではキ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top