2006年12月18日 古紙価格 » 718号

蘇った雑誌価格、問屋売価の実勢は二桁に
1992年以来14年ぶりの二桁台への回復
洋紙向選別雑誌はすでに11円(問屋店頭)に

雑誌古紙価格が蘇った。昨冬に続き、雑誌の輸出価格が段ボールを上回り、ドルベース(CIF価格)ではトン10ドルも高くなった(140ドル台前半で推移)。問屋手取り価格でもキロ13円台に乗せている。一方、板紙向けの国内建値は全国的に7円~9円に据え置かれている。内外価格差が5円前後もあるため、建値で雑誌を購入できないメーカーの多くは、輸出価格に近いプレミアム(割り増し)価格を出して買い付けている。 ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top