2014年2月10日 古紙価格 » 1069号

【新聞古紙】
在庫薄でプレミアム価格、輸出を上回る
08年以来約5年ぶりの20円相場へ

国内製紙メーカーの在庫薄で逼迫感が強まり、新聞古紙は昨年末から20円を超えるプレミアム価格が付いた。輸出価格と同価あるいはプラス1円前後の水準まで高騰し、輸出の問屋店頭単価が20円に迫ったことで、約5年ぶりに20円台に乗せた。特に日系商社ルートで調達量を増やし、輸出玉が国内に還流したとみられる。年末の発生期を経て、在庫は平準化しつつあり、この上乗せ幅も見直されつつある。そのため新聞のプレミアム価格...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top