2020年2月17日 古紙価格 » 1365号

【古紙仕入価格】
小口の引き取り、逆有償又は0円が主流に
仕入価格は地域や輸出比率によって格差

本紙調査による古紙仕入価格

 今回は各地区の問屋に、現在の仕入価格や逆有償回収の実施状況についてヒアリングを行った。輸出価格の低迷が長期化していることもあり、これまで最も仕入競争が激しかった関東地区は、最も仕入価格が安い地域になりつつある。小口の引き取りにおいても、逆有償による回収が浸透してきているのが関東・中部。逆有償回収の事例の他に、回収・加工コスト計算の事例も紹介したい。 内外価格が逆転  以前までは輸出価格の...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top