2012年10月8日 海外動向 1003号

【台湾の製紙産業】生産の7割が板紙で古紙は年60万トンを輸入

9月上旬、山發日本の藍副社長の手配により、奈良県資源回収事業協同組合の青年部と共に台湾を訪れた。昨年6月から年産45万トンの新マシンが稼動を始めた正隆・后里工場、台湾国内に20ヵ所以上のヤードを持つ大豊環保科技の廃プラヤードと寄せ場を見学。台湾の製紙産業の実態と各社の取材レポートを紹介していきたい。 【台湾の製紙産業】 板紙生産の比率が高い 2011年の台湾の紙・板紙生産量は404万トン...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top