2019年5月20日 海外動向 » 1328号

【東南アジア】
SCGがファジャール(インドネシア段原紙最大手)を買収
膨らむ買収価格、古紙輸入規制がリスクに

インドネシアの段原紙メーカーシェア

 タイの複合企業体であるサイアム・セメント・グループ(SCG)が10日、インドネシア最大手の段ボール原紙メーカーであるファジャール・ペーパーを6億6500万ドル(=約730億円)で買収すると発表した。ファジャールの株式の55%を取得し、筆頭株主となる。  ファジャールは、同社のアニュアル・レポートによると2018年の売上は761億円、営業利益は196億円、純利益は107億円だった。生産量は138...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top