廃プラからフラフ燃料化しエネルギー活用
【韓国の固形燃料・再生エネルギー事情 その1】

サンホ(Samhо)社の外観

 9月上旬、日本RPF工業会が主催する韓国の視察旅行でまず訪問したのが、フラフ燃料製造大手のサンホ社。廃プラを破砕し、固形燃料としてセメント会社などに納入。中国向けの廃プラが還流し、再生エネルギー拡大の機運が高まるが、発電所の建設が難航するなど課題も多い。コストを抑えたエネルギー利用を促す方向性は参考になろう。  日本と韓国の電源構成比率を比べると、再生可能エネルギー(水力含む)が日本では1...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年10月15日 古紙価格 »  1299号
2018年10月15日 古紙需給 » 1299号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top