【雑誌古紙】
中国からMIX還流で国内工場が断続的荷止め
OMGグレードで輸出継続、需給のカギ握る

OMGグレードでどこまで輸出継続可能か?!

 1月中旬、関東の某問屋のヤードで、中国向けに輸出されているOMG(雑誌)を見せてもらった。見た目は「白っぽさ」を保ち、日本の国内向け雑誌とほぼ同じ品質レベルだという。行政やオフィス系の回収品で、選別ラインで段ボールや抄き色、下ボールなどを丁寧に除去。現状は手探りだが、従来の中国向けMIXに替わるものとして、OMGの輸出継続に期待がかかる。今後の雑誌需給のカギも握るといえそうだ。 国内メーカーが...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top