2020年11月9日 古紙需給 » 1401号

【新聞】
新聞販売店は部数減・チラシ減・コスト増の三重苦
新聞の重量はピークから3割減、今年は更に2割減

新聞社と新聞販売店のフロー図

 2005年の発刊当時、新聞業界や製紙・古紙業界に話題を集めたのが「新聞がなくなる日・歌川令三著」。それから既に15年が経過した。元毎日新聞編集委員が新聞の未来、それも悲観的な未来を膨大なデータや経験則を基に予測したもの。そして実際に世界中で新聞は激減している。米国では新聞発行量がピーク時から85%減少していたが、コロナ禍で更に減少が加速している。新聞大国の日本も例外ではない。今回は歌川氏がまとめ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top