2010年7月12日 古紙ジャーナル記事 893号

【福建省・聯盛紙業(レンセイシギョウ)】5年後に200万トンの大型プロジェクトが起動
輸入古紙は欧州品を9割使用、日本品は使用せず

福建省聯盛紙業の工場入口

古紙の貿易を手掛ける東方物産(東京都千代田区)の厳社長の紹介で、福建省の段原紙メーカーである福建省聯盛紙業(福建省章州市)を見学した。聯盛紙業は205年に設立した新興の段原紙メーカーで、年産能力は45万トン。現在、増設工事の真っ只中で、今年末にはさらに45万トンの生産設備が立ち上がる。 さらに本社工場から20キロほど離れた龍海市で大型プロジェクトが起動している。これは5年後に200万トンの段...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年1月14日 インタビュー » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 1311号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top