2020年7月6日 古紙需給 » 1384号

【古紙問屋の仕入れ販売】
国内需要減・発生減響く、仕入れ上昇に警戒感

雑誌古紙の在庫

 国内メーカーが7月、古紙発注量を大幅にカットする。段原紙・白板紙の生産に急ブレーキがかかり、古紙消費も落ち込んでいるためだ。メーカーや地域にもよるが、段ボールで1~2割、雑誌で1~3割程度、前月より減らす。段原紙は在庫が5月末に過去最多の56万トンまで増加したため、各社生産ペースの抑制に動いている。製品販売がただでさえ不振なので、製品在庫の平準化まで数ヵ月要するとみられている。  古紙の需給は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top