2016年3月7日 古紙ジャーナル記事 1171号

【シュレッド古紙】
マイナンバー対応でシュレッド微細化
掘り起し好機も、リサイクル適性に影響

サカエの「シュレッドギア」シリーズ

シュレッド古紙は、主に家庭紙向け原料として掘り起しが進む一方で、より小さな規格のものが増えつつある。マイナンバー制度の実施に伴い、十二桁の数字を読み取れないシュレッダ機のニーズが高まっているからだ。中には細断サイズが一ミリを切る〇・七×三・五ミリのものも現れた。従来のシュレッド古紙に少量が混入するのであれば古紙利用に問題ないとされるが、パルプ化設備によって影響度も異なる。細か過ぎて原料利用が困難と...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top