2005年4月4日 古紙ジャーナル記事 634号

【鉄スクラップと段ボール】
回復著しくトン2万円台を行ったり来たり(鉄スクラップ)
回復遅く98年から一桁価格(キロ10円以下)に転落(段ボール)
古紙、鉄を後追いしてきたが市況に垂離

5年、10年遅れで鉄スクラップを後追いしてきたのが古紙。アジア向け輸出の拡大、逆有償取引で鉄スクラップが先行し、古紙が同じような道をたどってきたのは周知の通り。ところが気になるのは最近の両品種の市況の乖離だ。中国向け輸出の増大で鉄スクラップ市況はここ数年、国内外ともにトン2万円台の大台をいったりきたり。 高水準の市況が続いているのに対し、古紙市況の回復は極めてゆっくり。主要品種の段ボールでみ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top