2015年7月13日 古紙ジャーナル記事 1139号

どうなる?!古紙の価格政策の行方
昨年5月以来、建値動かず
~レンゴー㈱ 長谷川一郎副社長に聞く~

レンゴー㈱ 長谷川一郎 代表取締役兼副社長執行役員 (略歴)昭和29年生まれ。大阪府出身。関西学院大学商学部卒。昭和51年住友商事㈱入社、平成14年レンゴー㈱顧問、同年取締役、15年常務取締役、19年取締役兼専務執行役員、25年代表取締役兼副社長執行役員、27年より同ビジネスシステムCOO

六月からOCC(段ボール古紙)の輸出価格(問屋店頭)が再び二十円台に乗せ、内外格差が拡がった。一方で、国内では段ボール原紙や製品の価格修正が概ね浸透し、古紙の建値改定のタイミングに注目が集まっている。今後の古紙の価格政策について、レンゴー㈱の長谷川一郎副社長に聞いた。グループの丸三製紙における新マシンの稼働状況やベトナムの海外事業、業界再編の可能性についても触れている。 ―ビジネスシステムCOO...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top