2006年8月28日 古紙ジャーナル記事 702号

【大津板紙】
立地活かし10年前から機密書類を使用
開梱せず段ボール箱を箱ごとパルパーに投入

ストックされる古紙の山、機密書類は一切保管しない

大津板紙㈱(滋賀県大津市馬場1丁目15番15号、宮崎君武社長)を見学させてもらった。大津市の街中にあり(小中高の学校に囲まれた製紙工場は日本でも同社だけとか)、都会地工場という立地条件を活かして機密書類を大量に使用している。 機密書類の使用は10年前から始めたもので、機密書類の入った段ボール箱を開梱せず、箱ごとパルパーに投入して処理している。機密書類は雑誌の代替原料になり、4層抄き外装ライナ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top