2005年4月25日 古紙ジャーナル記事 637号

中小のメッカ静岡で白板紙5社(02年以降)が倒産
最後の砦は古紙ものトイレットペーパー(シェア46%)
白板紙、98年をピークに生産は減少へ

昨年来、企業の倒産件数が減ってきたなかで、中小板紙の不況色が鮮明になっている。中小板紙の生産といえば静岡地区がメッカ。その静岡地区で昨春の天間製紙に続き、今春、井出製紙が自己破産を申請し、事実上倒産したからである。 いずれも白板紙の中堅メーカーだった。同地区では大昭和製紙が日本製紙と日本大昭和板紙に、三興製紙が王子板紙に継承され、大手製紙の工場は存続しているものの、中小は倒産によって工場閉鎖...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top