2005年5月9日 古紙ジャーナル記事 638号

【新ヤード】
6年連続で新ヤード(回収基地)開設ラッシュ
今年は国内外に20ヵ所以上か
近畿地方、昨年は15ヵ所誕生

昨年は全国で40ヵ所以上の古紙ヤードが開設され、過去最高のヤードラッシュとなった。設備投資の主役は古紙問屋だったが、廃棄物業者がリサイクル施設を作り、同施設内に古紙のベーラー(大型梱包機)を設置するケースも目立った。 今年は6年連続のヤードラッシュになりそうだが、今年の特徴は、国内だけでなく、中国にもベーラーを設置したヤード(輸入基地並びに回収基地)ができることだ。オープンが遅れていたもので...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top