2009年1月12日 古紙ジャーナル記事 819号

【中国の古紙輸入】
昨11月の通関実績もほとんど減らず
暴落はグローバル化による過剰反応か
日本の輸出は22%の大幅減に

昨11月の日本の古紙輸出量は前年同月比67.6%という大幅減の18万8,000トンになった。数量にして9万トン減である。20万トンを割り込んだのは04年2月以来、実に4年9ヵ月ぶり。一方、中国の同輸入量は192万トン(同98.7%)と、数量にしてわずか2万トン減。 10月は納期の関係(欧米の古紙は船足が長い)で、通関実績に影響が出るのは11月とみられたが、結果はほとんど影響なし。となるとあの...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top