2005年7月4日 古紙ジャーナル記事 646号

【大王製紙・三島工場】
雑誌(日産450トン)、新聞(日産350トン)のDIP設備を新設
洋紙向け雑誌(昨年の消費実績9万トン)の使用量、倍増へ
洋紙大手のDIP増設、03年春で絶える

MDIP用のパルパーは2基あり、こちらは高濃度用

03年春以来、洋紙大手のDIP(脱墨古紙パルプ)設備の新増設が一巡していたが、大王製紙がこのほど発表した内容によると、国内最大級の取り幅で最高速のオンマシンコーター(塗工機)を三島工場に新設するのにともない、雑誌古紙と新聞古紙を原料とするDIP設備2基(前者が日産450トン、後者が同350トン)を増設することを決定した。合計のDIP設備能力は日産800トン。完成・稼働は07年度内としている。 ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top