2005年12月5日 古紙ジャーナル記事 667号

【王子製紙・江戸川工場】
難処理古紙(ラミネート古紙など)を月1,500トン使用
機密書類の使用量の拡大(現在は月間数100トン)も検討
機密書類、禁忌品の混入がネックに

王子製紙・江戸川工場の全景

王子製紙・江戸川工場(東京都江戸川区東篠崎2-3-2)を見学させてもらった。七層抄きの白板紙を年産14万トン生産している工場で主原料は雑誌古紙だが、95年からラミネート加工紙(PPフィルムなどを貼り合わせた紙のこと。書籍や雑誌などの表紙に大量に使用されている)などの難処理古紙の利用に乗り出した。現在は機密書類も使用している。 機密書類にはカーボン紙やノーカーボン紙などに加えて、バインダー(書...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top