2019年3月25日 関連業界 » 1321号

【RPF】
条件付きで環境省がRPF輸出解禁へ
韓国の全州製紙がボイラーを導入

RPF需要実績と生産実績

 環境省が固形燃料であるRPFの日本からの輸出を条件付きで認める。RPFとは、破砕した廃プラと古紙をおよそ7:3の比率で混ぜ合わせて成形した固形燃料のことだ。廃棄物の国境を越える移動を禁じたバーゼル条約に日本は批准しているため、これまでRPFの輸出は認められていなかった。  中国が廃プラの輸入を全面禁止したことで、昨年来、日本国内では行き場を失った廃プラがあふれていた。RPFの国内需要は年間14...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top