2006年4月10日 古紙ジャーナル記事 684号

雑誌の輸出比率、国内回収量の29%に達する
二桁台の輸出価格定着、高水準の輸出の背景に
古紙輸出、今年は400万トンに乗せるか

昨年の日本の古紙回収量は2,232万トン。しかし品種別の回収量のデータはなく、内訳が分からないのが実情。そこで本紙は国内消費量と輸出量から品種別の回収量を推定してみた。日本の場合、需給ギャップ分(回収量から国内消費量を差し引いた数量)がそっくり輸出されており、国内消費に輸出を加算した数量が回収量と推定できる。それによると雑誌の輸出比率がもっとも高く、国内回収量の29%が輸出されていた。 雑誌...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月18日 関連業界 » 1320号
2019年3月18日 インタビュー » 1320号
2019年3月18日 古紙価格 » 1320号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top