2006年5月8日 古紙ジャーナル記事 687号

【容器包装リサイクル】
今年度のPETボトルの落札価格、遂に有償に
平成12年のスタート時に比べて、紙とPETは暴落
高止まりのプラスチック、競争原理働かず

日本容器包装リサイクル協会はガラスびんなど4品目について、今年度の落札単価をホームページ上で公表した。それによるとPETボトルの落札価格は、1万7,300円(トン当たりの加重平均)の有償価格となった。有償価格とは再商品化事業者(落札業者)が協会に料金を支払うこと。昨年までは有償の入札が認められていなかったので、落札価格はすべて逆有償だった。 特定事業者(容器製造業者や利用業者など)から協会が...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top