2006年5月15日 古紙ジャーナル記事 688号

【古紙ヤード新設】
過去6年間で155ヵ所の新設ヤード
ピークは04年で近畿地方を中心に41ヵ所
設備投資の主役は今年も古紙問屋
年平均67万トンの回収増(2000年~2005年)

今年も7年連続で古紙ヤード(回収基地)の開設ラッシュとなりそうだが、過去6年間の国内での新設ヤード数を調べてみた。それによると2000年24ヵ所、2001年21ヵ所、2002年20ヵ所、2003年20ヵ所、2004年41ヵ所、2005年29ヵ所。合計で155ヵ所の新設ヤードがあった。 全国規模の調査なので、調査洩れも何ヵ所かあったと思われる。実際の新設ヤード数は155ヵ所を上回ったと推定され...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top