2019年3月18日 関連業界 » 1320号

【PET ボトル】
廃プラ輸出の逆風下、国内で設備の増強ラッシュ
売却価格も回復し、価格帯は東高西低で格差

廃PETボトルのベール品

 中国の環境規制の強化により、日本からの廃プラ輸出が激減している。2018年の輸出量は3割減の100万トンだった。中国に替わりマレーシア、タイ、台湾、ベトナム、韓国向けが伸びているものの、日本国内に滞留し、産廃や焼却、埋立てによる処分が増えている。ただ、その中でも例外的なのがPETボトルだ。市民の分別排出が定着しており、事前にキャップ・ラベルの分離、洗浄が行き届くなど品質が高いため、マテリアルリサ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top