2006年5月29日 古紙ジャーナル記事 690号

【東海パルプ】
今春、2基目のバイオマスボイラーが稼動
年間で木屑7.8万トン、RPF2.4万トンを使用
RPFは子会社レックスが全量を供給

今春稼働した11号バイオマスボイラー 木屑とRPFを使用

今春稼働した東海パルプ㈱島田工場(静岡県島田市向島町4379)のバイオマスボイラー(11号ボイラー)を見学させてもらった。発生蒸気量は時間当たり75トンで、年間木屑7万8,000トン、RPF(廃プラと紙ごみの固形燃料)2万4,000トンを使用する。同社は2001年に10号ボイラーを立ち上げているので、2基目のバイオマスボイラーである。 同社以外で現在、2基以上のバイオマスボイラーを稼働させて...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年1月14日 インタビュー » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 1311号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top